2010年04月22日

官僚のみなさんは敵ではないんじゃないでしょうか?

最近、政治かもメディアもとかく官僚や国家公務員の皆さんを悪者にしたがっているように見えます。(最初にはっきり言っておきますが、私は官僚の見方ではありません。)

民主党は「官僚と戦う党」というようなイメージを抱かせようとしているように見えます。

ところで、官僚を含め、国家公務員の皆さんは本当に「悪」なのでしょうか?

私が思うに、基本的に国家公務員の皆さんは少なからず「我が国のために奉仕しよう」という心を持っていると思います。

昔から、「官僚を含め、公務員の給料が高すぎる」、「待遇が良すぎる」、なんていう議論がよくされていますが、特に官僚の皆さんに対する待遇を普通の人と比べること自体おかしいのではないでしょうか?

だいたい、有名大学を卒業して、難関の国家T種の試験に合格した人達を、国が雇う時に、普通の待遇で雇えると考えること事態が間違いだと思います。

待遇を悪くすればするほど、官僚になろうとする優秀な人が減ります。なにしろ、みなさん基本的に優秀ですから、他の普通の人達を尻目に、有名企業にも入社できてしまうでしょうから。

そうすると、結局我が国の中枢にいる人達のレベルが下がってしまいますから、今よりもっとひどい政策が実施されるようになるのではないでしょうか?

天下りをさせないということで、天下りをどんどん無くす方向で議論が進んでいます。天下りには確かに悪い面もたくさんあるでしょうし、無くすなら無くすで良いと思います。

でも、特に官僚のみなさんは、完全なピラミッド型の組織にいるわけで、もし天下りが無くなれば、競争に勝ち残った人以外の人は、定年前に退職し、しかも無職になってしまいます。いくら優秀な人でも、50歳前後のおじさんやおばさんを高待遇で入れてくれる企業はそうそうないでしょ?

公務員なのに、定年までの勤務も保証されない。給料も一般企業に比べて、同じような能力を持った人と比べれば安い。こんな状態では、優秀な人は公務員になりたがりませんよね。

政治家も、アホの一つ覚えで、天下り禁止とか言っている暇があったら、公務員の人事制度について真面目に考えたほうがよいのではないでしょうか?入省者を減らして、出世は保証しないけど、定年までの勤務は保証する、とか。

メディアも税金のようにお金を徴収して成り立っているNHKの職員の給与が高すぎる、待遇が良すぎる、なんて全く言わないですよね。なぜ、官僚とか国家公務員は叩くのでしょうか?

公務員の皆さんには、「公僕」だと思って働いてもらわないと困りますが、いっぽうで、我々も「公務員の皆さんは我が国の国民のために働いてくださっている。」と少しは感謝の気持ちを持ったほうが良いのではないかと思います。

皆さんは官僚に対する待遇をどうするべきだと思いますか?



人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 06:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2010年04月21日

【アンケート】あなたの町に米軍基地がやってきそうになったらどう思いますか?

普天間基地の移設問題で、さまざまな土地に白羽の矢が立っています。

ところで、もしあなたの町に米軍基地移設の白羽の矢が立ったら、あなたはどう思いますか?




人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 国防

2010年04月20日

有給休暇取得率

政府の雇用戦略対話ワーキンググループは、2020年までに、現在47.4%の有給休暇の取得率を70%にまで引き上げるという目標を立てたそうです。

私の周りで、有給休暇を半分も使っている人なんて見たことがありません。国家公務員の友人等に聞いても、「有給なんて、病気とかになったときのための保険みたいなもんだよ。」と言っていました。年間で使用する有給休暇なんて、多くても数日だそうです。

私も以前は、「公務員はきっと有給休暇なんて100%消化してるに違いない」と思っていたのですが、今は考えを改めました。

残業にしたって、「お役所は毎日5時きっちりに帰ってるんだろうなぁ。」なんて漠然と思っていたのですが、いろんな公務員の友人に話を聞くと、中には「5時に帰ることができた日なんて、ここ10年で数えるくらいしかない。」という人もたくさんいます。

だいたい国家公務員ですら、勤務先によってはほとんど使えていない有給休暇。ほんとうに民間にも有給休暇使わせろ、って言うんでしょうか?

なんだか、このワーキンググループの人たちは現実離れしているように感じるのは私だけでしょうか?

有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府





人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 05:23| Comment(26) | TrackBack(0) | 政治

2010年04月19日

久しぶりにやってしまいました。

一昨日の夜、近所の人たちと家でちょっとした飲み会をやったんですが、その時にノンアルコールビールを所望された方がいらっしゃいました。

1、2本しかノンアルコールビールは冷やしていなかったので、急いで冷凍庫に数本入れて、冷やし始めました。

結局冷凍庫に入れていた分もほとんど飲んだのですが、1本入れっぱなしになってました。

それに今日気付いて、冷凍庫から出して見ると、こんな感じに↓↓↓


いやぁ、見事な膨らみっぷりで。

フェール・セーフ機能って必要なんですねぇ。もったいないから、溶けたら飲んでみよ。

人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月18日

やはり日本は海を守らないと!!

日本は、もっと海軍力を強化する必要があると思います。

この海と未来を守るのは、やっぱり海上自衛隊ですよね。




私達ひとりひとりが、我が国の平和と独立、そして国益を守るためにどの程度の海軍力、軍事力を保有すべきか、冷静に、論理的に、グローバルな視点で良く考える必要があるのではないでしょうか?

海の「領土」拡大を 日本経団連が政府に提言へ

人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 国防

米軍にとっては、最高の案??

今日、たまたま米軍の大尉と昼食をいっしょにする機会がありました。

この大尉はつい1ヶ月前まで沖縄で勤務されていたのですが、日本語もけっこう話すことができるし、かなりの日本通でした。

2時間ほど、いっしょに食事をしていたのですが、もちろん今ホットな普天間基地の問題についても話をしました。

彼によると、米軍にとっては、普天間基地を継続使用させてもらえるのは、まあ、一番楽チンだね。ということでした。ただし、現場の部隊で勤務している側からすれば、ヘリコプターが少し違うところから離着陸しても、ほぼ問題はないそうです。

だから、別に地元が合意して、きちんと基地の建設ができるなら、キャンプシュワブの沖合いでも浅瀬でも特に問題ないそうです。

ただし、問題なのは、やはり鳩山内閣が信用できないという点でした。

いっぽうで、彼が、「俺達は、どちらも政府に対して同じような感覚を持ってるよね。」と言うので、「どういうこと?」と確認したら、彼らもオバマ政権をあまり信頼していないそうで、「信頼できない人同士が約束したって、そんなもの信用できないよ。」と言っていました。

まぁ、日本もアメリカも大変ですねぇ。

米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ

人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2010年04月17日

普天間問題はメディアのせい?

普天間基地の問題なんて、そんなに大した話ではないのだと思います。とりあえず、自民党政権において、日米で合意して、地元もいちおう受け入れていた、合意案があったんですから。

多くの国民も、特に気にしていなかったでしょうし、知らない方もたくさんいらっしゃったとおもいます。

でも、この問題を有名にしたのは、この問題を選挙の道具にした民主党であり、鳩山政権だと思いますよ。けっして、メディアが勝手にさわいでいるわけではないと思います。

自分で解決済みの案件をひっくり返しておいて、人のせいにする。こんな人の言うことを信用できますか?

だから、みんなに「どうせ鳩山なんだから、できないんだろう。」と言われるんですね。

鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」

人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。


posted by お父ちゃん at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2010年04月16日

衆参両院選、民主党のメリット

鳩山内閣の支持率は30%を切っています。さらに、民主党独自の調査によると、次の選挙では民主党は全然票を伸ばせないそうです。

こんな状況で衆参両院選挙をやったって、衆議院の議席を減らすだけじゃないか、ということなんですが、メリットが無いわけではありません。

民主党がとりあえず欲しいのは、両院での絶対安定多数です。ということは、269議席までなら減ってもいいのです。

今、衆議院選挙もやるとして、準備ができているのは民主党だけです。特に最近できた新党については、参議院選挙準備だけで手いっぱいでしょう。

このような状況下であれば、269議席以上民主党が確保することも不可能では無いかもしれません。

そして、この衆参両院選挙でもし民主党が両院で絶対安定多数を獲得すると、ついに民主党の暴走は止められなくなります。なにしろ、「国民の皆様に選ばれた」わけですから。

仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」

人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

オバマ大統領にも、信頼されていない総理

核拡散防止サミットの晩餐会で、オバマ大統領を10分間だけ、お話させてもらった鳩山総理。晩餐会の後のインタビューでは、会話の感触についてすらノーコメントだったわけですが、やっぱり相当、感触が悪かったみたいです。

「5月末までに、普天間問題に決着をつけます。」とは言ったものの、オバマ大統領には、「本当に責任とれるんだろうなぁ?」と言われてしまったそうで、わが国の総理大臣なのに、全く信用されていないなぁと感じました。

海外において日本人に対する信頼感はけっこう高いと思います。というのも普通の日本人はルールをきちんと守るし、約束も果たすからです。今の総理はほんとうに日本人の心を持っているのか、疑問ですね。

みなさんは、この不信の原因のひとつになっている普天間問題について、5月末には、どうなると思いますか?

「きちんと責任取れるのか」=米大統領、首相に疑問呈す−普天間移設



人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 07:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2010年04月15日

花粉症はつらいですね。

最近、花粉がすごくて困っています。

この間も、雨上がりに家の前を見てみると、何やら黄色い蛍光色のペンキがぶちまけられていて、「何だこれは???」って、よーく考えると、雨で花粉が流れてきて家の前に溜まっていたんですね。

あんな花粉の塊は初めてみましたよ。写真撮っとけばよかった。

毎日ひどい鼻水と目のかゆみと、さらに咳まで出ます。毎日鼻水がひどくて目が覚めます。なんともテンションが上がらない・・・。

とりあえず、薬とか飲んでいるんですが、ぜんぜん効きませんね。花粉が去ってくれるのを待つしか無いみたいです。

花粉症で苦しんでいらっしゃる方も大変でしょうが、お互い頑張りましょう。

人気ブログランキングへ ←記事が面白かったら、クリックお願いします。
posted by お父ちゃん at 05:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

TOEFL体験記
TOEFL受験の体験記
お勧め教材も紹介